【福岡県民の銀行口座】福岡銀行と新生銀行(とイオン銀行)の複数持ちが断然おすすめ! 西日本シティ銀行との違いは?

スポンサーリンク

こんにちは、節約好きの小林香織です。

節約が好き、といっても
「スーパーをはしごして1円でも安い食材を!!!」
みたいな、かえって無駄につながる徒労は嫌いです。
苦労せずいかに無駄をなくせるか、といったことに頭を使うのが好きです。
毎回大変な思いをするより、1回仕組みを整えただけで効率よく支出を減らせるほうがいいに決まっています。
その節約の実践で1年にいくらお金が浮くか考えると気分がいいですね。ニヤニヤ……。

img_20161129_224704

そんな私は22歳にして銀行口座を9つ持っていますが、現在はほとんど
福岡銀行: 給与振込と口座引き落とし
新生銀行: 普段使い
イオン銀行: 貯金用

の3つしか使っていません。

今回の記事では、上記3つの銀行口座のメリットを中心に解説します。

目次

■福岡銀行は簡単にATM手数料を無料にできる
 ・マイバンク三ツ星ステップが強い
 ・ゆうちょ銀行ATMとイオン銀行ATMが無料で使える
 ・マイバンクとアレコレカードについて補足
 ・給与振込口座をネット銀行にできるならネット銀行1本に絞ってもいいかも
■福岡銀行 VS 西日本シティ銀行
 ・手数料無料へのハードルが高い
 ・ゆうちょ銀行ATM利用時に手数料がかかる
 ・やっぱり福岡銀行がおすすめ
■新生銀行ならコンビニATMをいつでも使い放題
 ・新生銀行ならコンビニATMをいつでも使い放題
 ・ATM以外の点でもお得
 ・3つの方法で口座開設が可能
■イオン銀行は貯蓄用口座に
 ・普通預金なのに定期預金並みの高金利
 ・イオン銀行ATMを24時間無料で使える
 ・イオンカードセレクトはポイントカードとして優秀
■私の持っている口座と使い分けの方法
■まとめ

福岡銀行は簡単にATM手数料を無料にできる

img_20161129_224301

マイバンク三ツ星ステップが強い

福岡銀行には、マイバンクという会員サービスがあります。
条件を満たすことで様々な特典を受けられるサービスです。
(詳細: ふくぎんポイントくらぶ「マイバンク」 | 商品・サービス一覧 | 福岡銀行

難しいことはおいといて、マイバンクのメリットを一言で述べると
福岡銀行を給与振込口座に設定して
ダイレクトバンキング会員になるだけで
ATM時間外手数料が無料になる。

これに尽きます。

地銀のATMは、基本的に平日9:00~18:00以外の時間はお引き出しに手数料がかかります。
でもこの時間、カレンダー通りの勤務をする会社員は勤務時間そのものですよね。
それ手数料払えって言われてるのと同じじゃないですか。(もしくは昼休みを削る)

でも、福岡銀行ならこんなに簡単にATM時間外手数料を無料にできるんですよ!
給料日の夜にゆっくりATMに行っても何も心配いりません!

ゆうちょ銀行ATMとイオン銀行ATMが無料で使える

福岡銀行のATMがいつでも無料で使えるようになるだけでも非常にありがたいのですが、さらにさらに、ゆうちょ銀行ATMとイオン銀行ATMで福岡銀行の取引を無料で行うことができます。
マイバンク関係なく、キャッシュカードをお持ちの方なら誰でも使えます。
(詳細1: ゆうちょ銀行ATM | 提携ATM | 福岡銀行
(詳細2: イオン銀行ATM | 提携ATM | 福岡銀行

しかも、イオン銀行ATMの場合、マイバンクの特典が適用されます。
つまり、福岡銀行ATMと全く同じように、時間外でも手数料無料で引き出せるんですよ!!

IMG_20170126_190121

↑こちらは、イオン銀行ATMを使って福岡銀行口座の引き落としをしたときの明細書です。
時刻は18:58、つまり時間外です。
福岡銀行の金融機関コードである0177が印字されています。
手数料はこのとおり、0円でした。
操作中の画面に手数料の案内が表示されて不安になりますが、実際には手数料はかかりませんのでご安心ください。

気をつけたいのは
・ゆうちょ銀行ATMではマイバンク特典が適用されない(時間外手数料がかかる)
・イオン銀行ATMでは預け入れや硬貨の引き出しができない

ところ、でしょうか。

マイバンクとアレコレカードについて補足

マイバンクは三ツ星は簡単に達成できますが、四ツ星となると大きな壁があります。
でも、四ツ星の主な特典である
・コンビニATM手数料が何度でも無料
・福岡銀行宛振込手数料が無料

は、後述する新生銀行などを併用すれば解決するものですので、よっぽど福岡銀行同士のやりとりが多い人を除いては目指す必要はありません。

アレコレカードもマイバンクの対象ですが、作らなくても三ツ星になれるので作る必要はありません。
アレコレカードの紹介ページで、いかにもアレコレカードでATM手数料を無料にできるかのような展開をされてますが、口座をダイレクトバンキングと紐づけすることに抵抗のある方や毎月の給与振込がない方以外は作る必要はありません。

アレコレカードの年会費を無料にするには
・年間ショッピング利用額10万円以上
・携帯電話料金・ガス料金(西部ガス・筑紫ガス)・電気料金(九州電力)のクレジット決済

のどちらかの条件を満たす必要があります。
(詳細: クレジットカード年会費を無料にできる! | アレコレカードの特典 | 福岡銀行

アレコレカードのポイント還元率は最大(五ツ星)で0.575%
例として楽天カード(ポンカン4サービス)は無料にもかかわらず3%の高還元率、そうでなくても最近の無料クレカは還元率1%以上が普通なので、アレコレカードの利用価値は薄いです。

img_20161129_224336

と言いつつ私はよく調べもしないまま、財布の中身を減らしたくて福銀口座を作るときにアレコレSUGOCAを発行しました……。
年会費無料期間のうちに解約します。

給与振込口座をネット銀行にできるならネット銀行1本に絞ってもいいかも

詳しくは後述しますが、もしお給料の振込先をネット銀行に指定できるのなら、福岡銀行ではなく新生銀行などに振り込んでもらうほうが良いかもしれません。
(私の勤める会社では無理でしたが……。)
ただ、何かしらの引き落としなどでネット銀行に対応していない場面に出くわすこともあるかと思います。
ですので、地銀の口座は使わないとしても1つは持っておいたほうが良いでしょう。

福岡銀行 VS 西日本シティ銀行

福岡県の地方銀行といえば福岡銀行と西日本シティ銀行の2強ですよね。
前項で挙げた福岡銀行の強みが西日本シティ銀行ではどうなのか、調べてみました。

手数料無料へのハードルが高い

西日本シティ銀行にも、福岡銀行でいうマイバンクに相当するサービスであるNCBポイントサービスが存在します。
西日本シティ銀行ATMで時間外手数料を無料にするには、ポイントを100ポイント以上貯める必要があります。
100ポイントを貯めようと思ったら、たとえば……。

・給与振込(30pt)
・クレジットカード(ALLINONEカード含む)(10pt)
・ALLINONEカード加算(10pt)
・NCBデビット(10pt)
・公共料金(1項目5pt/上限10pt)を2種類(10pt)
・NCBダイレクト(10pt)
・ネットスタイル(20pt)

これでやっと100ポイントです。
(計算ツール: 西日本シティ銀行:便利につかう:NCBポイントサービス
給与振込とネットバンキングだけで条件を満たせるマイバンクとは雲泥の差です。
地銀クレカの利用や公共料金口座引き落としは節約の観点では逆効果。
よって、NCBポイントサービスはおすすめできません。

※話はそれますが、九州電力には口座振替割引契約というサービスがあり、電気代を口座振替にすると引き落とし金額が毎月54円割引になります。
電気代やカードの還元率によっては口座振替のほうがお得になるので、検討されてみてはどうでしょうか?

ゆうちょ銀行ATM利用時に手数料がかかる

福岡銀行は時間内のゆうちょATM手数料が無料になりますが、西日本シティ銀行の場合は時間内でも108円、時間外だと216円かかります。
(詳細: 西日本シティ銀行:ATM提携サービス:ゆうちょ銀行とのATM相互提携
もちろんコンビニATMやイオン銀行ATMも同様の手数料がかかります。

やっぱり福岡銀行がおすすめ

以上の理由から、私は福岡銀行をおすすめします。

今は九州ATMネットワークがあり、九州の地方銀行は手数料無料でATM相互利用が可能な時代です。
地方銀行に総合口座の役割だけを求める身としては、あえて西日本シティ銀行の口座を普段使いするメリットは薄いと思います。

新生銀行ならコンビニATMをいつでも使い放題

ATMが使い放題になるといわれても、地銀のATMって夜になると閉まっちゃうじゃないですか。
それに、お金を引き出したいときに運よく地銀のATMが近くにあるとは限りません。

そんなマイバンクの弱点を解決できるのが、ネット銀行の1つである新生銀行です。
新生銀行は、時間と曜日に関係なくいつでもコンビニATMを手数料無料で使えるんです!!
地銀しか使っていない人にとっては夢のような話ですよね。

新生銀行ならコンビニATMの手数料が無料

img_20161129_224427
↑カードの色はなんと選べる32色(笑)。

本当に無料なの? と疑ってしまいそうですが、本当です。
新生パワーフレックスの紹介ページにも堂々と書いてあります。
試しに「新生銀行 手数料 なぜ」でググってみたところ
・店舗数が少ないことによるコスト削減の結果
・他の金融商品で利益を得ている

などの推測が書かれていました。
納得です。

ATM以外の点でもお得

新生銀行には、Tポイントプログラムなるものが存在します。
新生銀行の口座を使えば使うほどTポイントが貯まる、というものです。
Tポイントは現金と同じですから、大事にしたいですよね。

上の項で触れた『ネット銀行への給与振込』をするのに新生銀行は最適です。
新生銀行1回の給与振込でTポイントが25ポイント貯まります!
ただし、給与振込と普段使いの口座が一緒になるので、口座を分けたい方には不向きです。

また、新生銀行にも、福岡銀行のマイバンクに準ずるポイントサービスが存在します。
新生スタートアッププログラムです。
金融商品を買うなどの条件を満たせば、他行への振込手数料が最大月10回まで無料になります。

が、スタンダード会員(=ただ新生銀行の口座を持ってるだけ)でも、月1回は振込手数料が無料です。
普通の生活をしていれば月に何回も振り込むことはないと思いますので、1回無料になるのは本当にありがたいですね!!
オークションなどで振り込みする機会が多い方は、ゴールド会員を目指すよりも他のネットバンクを併用したほうが良いかもしれませんね。

3つの方法で口座開設が可能

新生銀行の口座開設方法はアプリ・店舗・郵送の3通り。
(詳細: 郵送による口座開設 | 新生銀行
アプリなら家にいても簡単に申し込みができます。
店舗ならネットより早く開設できます。
天神の明治通りに福岡支店がありますので、気軽に行けますね。
(私も店舗で口座開設しました)

イオン銀行は貯蓄用口座に

貯金をするなら、金利の良い銀行で貯金用の口座を作るのがおすすめです。
定期預金だと普通の銀行口座に比べて利子が多くつきますが、私のようにお金を稼いで日が浅い身分だと資金の流動性が必須になります。
いつどこで財産を削ることになるかわかりませんから。

そんなとき、イオン銀行は強い戦力になります。

普通預金なのに定期預金並みの高金利

例として、福岡銀行の普通預金・貯蓄預金の利率は0.001%です。
(詳細: 預金金利 | 金利・相場情報 | 福岡銀行
最近の地銀はどこもこんな感じです。
小さすぎて、もはや誤差の範囲内です……。

ですが、イオン銀行ならなんと0.12%です!!
120倍ですよ!!!
100万円預けたら年に1,200円もらえるんですよ、銀行にお金を預けるだけで稼げるんですよ!!
(詳細: イオンカードセレクトをお持ちの方の普通預金金利を上乗せ |イオンカード|イオン銀行

イオン銀行ATMを24時間無料で使える

イオン銀行口座は、イオン銀行ATMで24時間いつでも手数料無料で使えます。
イオン銀行ATMは前述の福岡銀行や新生銀行とも相性が良いので使いやすいですね。
イオン、マックスバリュ、ミニストップなどに置いてありますよ。

イオンカードセレクトはポイントカードとして優秀

img_20161129_224404
↑イオン銀行キャッシュカード兼イオンカードセレクト

イオン銀行で金利を0.12%にするには、イオン銀行の口座開設と同時にイオンカードセレクトにも申し込む必要があります。
私はイオンカードセレクトでクレジット払いは全く使っていませんが、ポイントカードとして活用しています。

イオンでは、イオンカードの提示さえすれば、支払いに他のクレジットカードを使ってもイオンの「ときめきポイント」が貯まります!
(他の売り場・お店では確かめていませんが、少なくとも食品セルフレジではそうです!)

img_20161129_204039
↑※クリックで拡大
これは、イオンカードをお持ちの方がお会計から5%OFFになる日に食品セルフレジで買い物したときのレシートです。
(カップ麺が多いですが、これ会社でのお昼用なんで! 誤解なきよう!)

楽天カードで支払いをしましたが、最初にイオンカードもレジに読み込ませています。
なんと、各商品が5%割引になったうえに、ときめきポイントが11ポイントついて、さらに楽天カードのポイントまでつきます!!
実質ポイント三重取りです。
お得すぎますね!!

この件について実際にセルフレジを使って検証した記事はこちら
イオン(マックスバリュ)にあるセルフレジの使い方を写真つきで解説します

私はこれまで、サニー(西友)でウォルマートカードセゾン会員は5%OFFになる日にまとめ買いをしていたのですが、この仕組みを知って以降イオンをメインのスーパーにしました。
近くにイオン系列のお店がある方は試してみてはいかがでしょうか?

私の持っている口座と使い分けの方法

以上を踏まえて、私の毎月のお金の流れについて書きます。

私は銀行口座を全部で9つ持っています。
が、最初に述べたように現在はほぼ上3つしか使ってないです。

・福岡銀行: 2016年2月開設
・新生銀行: 2016年2月開設
・イオン銀行: 2016年1月開設
・ゆうちょ銀行: 親が作ってくれた 現在は実家とのお金のやりとりにのみ使用
・西日本シティ銀行: 2012年3月開設 大学時代のメインバンク 今は放置
・みずほ銀行: 2012年9月開設 大学時代のバイトの給与振込指定口座 今は放置
・楽天銀行: 2009年頃開設 高校時代にデビットカードを使っていた 今は放置
・じぶん銀行: 2011年頃開設 放置
・セブン銀行: 2012年頃開設 放置

上3つはすべて今年に入ってから作りました。
特に新生銀行はなんで大学のはじめに作らなかったんだろうと非常に後悔しています。
この今使っている3つの口座の使い分けは

・25日 福岡銀行にお給料が振り込まれる
・27日~10日 福岡銀行から家賃やカード代金などが引き落とされる
・10日以降 引き落としが終わったら、新生銀行に残高が4万円程度になるようにお金を移す
      残ったお金をイオン銀行に移す
・現金が必要なときは新生銀行から引き出す

このような感じです。
このやり方、あまりお金のことを考えずに効率的な資金の管理ができるので非常におすすめですよ!!

まとめ

以上、私の使っている
・福岡銀行
・新生銀行
・イオン銀行

についてのまとめでした。
便利な口座を開設してお得な生活をしましょう!!

↓こちらの記事もどうぞ↓
【福岡の全身脱毛】「銀座カラー 天神店」の感想とアクセス方法! 4回通った私がご紹介
【福岡で一人暮らし】博多から東区に引っ越すぞ! お部屋探しの展望と過去の引っ越し振り返り
イオン(マックスバリュ)にあるセルフレジの使い方を写真つきで解説します